各種注射

各種注射により痛みの治療について

各種注射

痛みの悪循環を断つ

そもそも「痛み」は、体に生じた異常を知らせる警告反応としての大切な役割を担っています。しかし、痛みの原因が明らかになった後、痛みは私たちにとって有益な存在から不必要な存在へ、さらには有害な存在へと変化していきます。

警告の役割を終えた痛みが長く存続すると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経の緊張が強くなり、随所で血液の循環が悪くなります。その結果、新たな発痛物質(痛みを引き起こす化学物質)がたくさん溜まるようになり、より強い痛みや新しい痛みが生じてきて、ここにいわゆる“痛みの悪循環”が形成されてしまいます。

痛みが長期に及べば、私たちのQOL(生活の質)は低下することにもなります。このような状態になった時はもちろんのこと、そうなりそうな場合には、身体的・精神的な苦痛を緩和することが重要になります。

痛み治療の実際

痛みの治療にあたっては、患者様の症状や身体所見から「痛みの原因」を突き止め、それに合わせた治療(神経ブロック注射やトリガーポイント注射、薬物療法など)を行っていきます。今まで、どうしても痛みが解消されなかったような方は、一度ご相談ください。

神経ブロック注射

炎症を起こした神経の近くに、強い抗炎症薬を直接注入することによって「痛み」を抑える治療法です(神経を傷つけることはありません)。
神経ブロックは内服薬と異なり、必要な部位だけに直接的に効果を及ぼすことから、全身的な作用が無く、意識にもほとんど影響しません。

しかも、激しい痛みの多くは神経の強い炎症によって生じているので、一般の消炎鎮痛薬を服用しても痛みは軽減しにくく、したがって現在のところ、神経ブロックを上回る効果をもたらす治療法は見つけにくいのが事実です。

なお、患者様にしてみれば、針を刺されることに恐怖を覚えるかと思いますが、皮膚表面麻酔をかける時に、髪の毛ほどの細い針が微かにチクッとするくらいですので、ご安心ください。

トリガーポイント注射

肩や背中、腰などのトリガーポイント(押すと痛みが広がる、しこりのようになっている部分)に局所麻酔剤を注射します。
トリガーポイントは、その周辺や、少し離れた場所に関連痛(放散する痛み)を発生させることがあります。トリガーポイントによる肩や背中、腰の痛みが数ヶ月続いている状態を筋筋膜性疼痛症候群と言います。

トリガーポイント注射を行うことで、痛みを除去する効果が期待できますので、肩こりや腰痛で辛い思いをなさっている方は、トリガーポイント注射を考えてみてはいかがでしょうか。
なお、この注射では非常に細い針を使いますし、刺入する深さも1cm程度ですので、痛みはほとんどありません。

薬物療法

一方、薬物療法もとても重要な治療法であり、最も一般的な方法です。 よく知られる消炎鎮痛薬のほかに、ヒアルロン酸やステロイド剤(関節内注射)、また抗うつ薬や抗不安薬、抗けいれん薬、抗不整脈薬などの鎮痛補助薬などを、病態や症状に応じて適宜組み合わせたりしながら投与し、痛みを和らげていきます。

痛み治療の対象となる主な疾患

  • 腰痛
  • 肩こり
  • 腱鞘炎
  • 四十肩
  • 首の痛み
  • 肘の痛み
  • 膝の痛み
  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 帯状疱疹後神経痛
  • 頭痛
  • 顔面神経痛
  • 手足のしびれ
  • 手術後の痛み など